坂東市体育協会:スポーツ・レクレーションの普及振興



体育協会 加盟団体一覧・社会体育 施設一覧


キーワード:
21件の情報項目より1-21件を表示しております


  101:  軟式野球連盟

  102:  バレーボール協会

  103:  剣 道 部
剣 道 部
ごあいさつ

館長 片野 梅吉(剣道教士 七段)

 岩井剣道教室は、今年創立40周年を迎えることとなりました。現代の社会では、道徳心や、先生や親を敬うという忠、孝という気持ちが失われつつあります。また少子化とともに、子供たちが団体で活動し、共通のルールの中で生きていくことも少なくなりました。
 そんな生活環境のなか、初代館長であられます故堀越先生とともに、旧岩井市 藤田の節斉記念会館を拠点として、剣道を愛する多くの仲間たちが、「青少年の剣道と心の育成」を目的として当教室を創設しました。
剣道は「礼に始まり、礼に終わる」といわれるように、礼法を大切にしています。道場に入るとき、仲間たちと稽古を始めるとき、先生に対して稽古をつけていただく時、「お願いします」の気持ちをこめてしっかりと礼をしています。
岩井剣道教室の教訓でもある、「剣心誠道」を座右の銘として、子供たちが明るく、元気に稽古を続けられるよう、これから私たちも日々、努力してまいります。


■沿革・指導方針
岩井剣道教室は1970年(昭和45年)に、旧岩井市藤田の節斉記念会館で、初めて稽古が行なわれました。創設当初は、子供たちも70~80人もいて近隣でも有数の強豪チームでした。全国大会に出場するような選手が、幾人も巣立っていきました。その後岩井第一小学校の体育館を道場として稽古を重ね、その後現在の総合体育館の武道場で週3回の稽古を行なうようになりました。
また、創立以来、近隣の少年剣士との交流を目的とした、剣道大会も回を重ねて今年30周年を迎えています。毎年6月になると、各地から700〜800名の小中学生たちが岩井の体育館に集い、日頃の稽古の鍛錬を競い合う盛大な大会となっています。
指導方針は、「剣心誠道」に込められた正しい剣道を通して、親や仲間、師に対する[敬いの心]と[礼儀作法]を子供のころから身につけさせ、こころ豊かな社会人を育成することにあります。そのためにも道場に来るときのあいさつや、仲間同士や後輩たちに対する心配りなどについては厳しく指導しています。また日々の稽古を続ける事で健康的で、かつ強靭な体力を作ることにもつながります。
正しい剣道とは、試合に出て勝った、負けたの勝負にこだわるのではなく、刃筋の通った竹刀の振り方や稽古着の着方、防具のひもの縛り方などが出来ているかや、相手がいるからこの試合が出来るという「感謝の気持ち」を持っているかなどを重要とします。

道場訓として
一、剣道をします。
一、勉強します。
一、礼儀正しくします。
この言葉を稽古の始めと、終わりに全員で大きな声で斉唱しています。

  104:  ソフトボール連盟

  105:  サッカー協会
サッカー協会
ごあいさつ

坂東市サッカー協会長 塚原興一

Jリーグが発足して早22年が経つ。我が坂東市からも4名のJリーガーが誕生し、現在では長須出身の後藤圭太君が松本山雅FCに所属している。サッカー少年達の夢は勿論Jリーガーではあるが、サッカーを通じて、ボールに触れる楽しさを味わいながら、心と体を鍛え、人として真っすぐに成長してほしいと願っている。
そして社会人になってからも、サッカーを楽しみ地元や地域社会と深く関わっていってもらいたい。
サッカー協会は、その手助けを考え実践していきたい。

■第10回坂東U-12大会の1日目・2日目の結果です!!(PDF 50KB) 写真はこちらです!!
■第21回坂東サッカーリーグ勝敗表最終結果はココ!(PDF 20KB)
■第6回坂東サッカーシニアリーグ勝敗表最終結果はココ!(PDF 20KB)
■第7回坂東市サッカートーナメント大会の結果です(PDF 18KB)

  106:  柔 道 部
柔 道 部
ごあいさつ

師範 林 順藏
柔道部は、戦前より前師範である故吉田誠一先生が中心となり創設し、柔剣道振興会(茨城県体育協会名誉会長 山口武平先生)等の後援をいただきながら、現在まで継続しております。当部では礼儀を重んじ、五つの誓い(礼儀・健康・忍耐・努力・奉仕)を掲げ、柔道を越えたすばらしい人格を持った多くの部員が育っております。現在では、幼稚園児から一般の方まで含め50名ほどの部員で週3回「継続は力なり」を理念とし、稽古に励んでおります。また、寒稽古・土用稽古を実施し、寒稽古の際には早朝稽古を行い、精神力・気力の増強をはかっております。柔道以外にも地域の福祉活動などにも積極的に参加してゆき、人を思いやる心、五つの誓いにもある奉仕の心をも培っていきたいと思っております。

【稽古日】
(火・木曜日)新町コミュニティセンターホロニック(坂東市岩井4624-8)
(土 曜 日)総合体育館武道場(坂東市岩井3086)

【時間】
 午後7時から午後9時

  107:  空 手 部

  108:  ゲートボール連合会

  109:  ゴルフ部

  110:  バスケットボール部

  111:  グラウンド・ゴルフ協会
岩井・猿島グラウンド・ゴルフ協会

グラウンド・ゴルフの特徴
 グラウンド・ゴルフは、国の生涯スポーツ推進事業の一つとして昭和57年に鳥取県泊村(現:湯梨浜町)の教育委員会が中心となって開発したものです。
 グラウンド・ゴルフは、ルールも簡単で誰にでもすぐに取り組むことができ、国内だけでなく、海外にまで普及発展しています。

自分の責任でプレー
 グラウンド・ゴルフは審判員を必要としません。自分の責任でプレーし、自分自身が自分自身を審判します。グラウンド・ゴルフは、プレーヤー同士がお互いに教えあい、学びあうというスポーツの原点を大事にするスポーツなのです。


最新情報
 ・第27回坂東市岩井グラウンド・ゴルフ
 ・グラウンド・ゴルフ教室
 ・第31回茨城県グラウンド・ゴルフ交流会

  112:  テニス連盟
テニス連盟

ごあいさつ

 

テニス連盟

テニス連盟は年間を通して、テニス人口の拡大を目指し活発に活動しています。また、市民の皆さんが快適にプレーできることをモットーに、ソフトテニス連盟と協同で、毎年テニスコートのフェンス補修や清掃を実施しております。

☆主な年間事業の紹介

 

【スポンジキッズテニス】

プロテニスコーチをヘッドコーチに迎えて、小学4年生以下の子どもたちにテニスというスポーツに親しみをもってもらいます。テニス人口の拡大を最大の目的に、テニスを行いながらマナー(挨拶など)も覚えてもらいます。

 

【テニススクール】

初心者向けのテニススクールを開催しています。小学生を中心とし、大人も参加できる教室で、プロテニスコーチをヘッドコーチに迎えて熱く楽しく、ときには厳しく教えています。修了後もテニスを続けたいと思ってもらえるような教室にしようと心がけております。

 

【オープンテニス交流試合会(ダブルス)】

公式戦に臨もうとしている方を対象とし、親子・混合・男子・女子のペアが1日沢山練習試合ができるようなイベントです。

 

【オープンジュニアテニス大会(シングルス)】

テニススクールを修了した受講生がその後もテニスを続けるようになり、当市でもジュニアのための大会を開催しようとして始めました。リーグ戦の後、同レベルでの順位別トーナメントを行い、上級者でなくても優勝のチャンスがある大会です。また、アトラクションとしてターゲットテニスを行うなど、1日楽しんでもらえる大会です。

 

【講習会】

プロテニスコーチをヘッドコーチに迎えて、一人ひとりの技術向上を図る「クリニック」的な講習会です。終了後参加者は大満足!と言って貰えるイベントです。

 

【団体交流試合会】

1チーム3〜6人の団体戦を行います。普段なかなかやらない団体での対戦により、チームとしての団結力を高め、各クラブ間の親睦を深めることもできます。

 

 

テニス連盟は、今後もテニス人口拡大を図るべく、ジュニア育成に力を注いでいきます。

 

■テニス連盟の沿革

テニス連盟は、岩井市体育協会と同時期に立ち上げた組織で、平成22年度から、テニス連盟(硬式)とソフトテニス連盟(軟式)に分かれて活動していきます。今までも又これからも連綿として運営していく団体です。

 

 

坂東市テニス連盟 平成29年度事業計画


  113:  ソフトテニス連盟
ソフトテニス連盟

ごあいさつ

 

ソフトテニス連盟会長 稲田 司

 

私ども坂東市ソフトテニス連盟には2つのクラブが加盟しております。岩井ソフトテニスクラブは現在クラブ員が19名所属しており、上級者向きのクラブであり、県西地区の大会や県大会などにも積極的に参加しております。また、若竹ソフトテニスクラブはクラブ員が現在69名所属しており初心者から中級者そして上級者までの幅広い層が楽しくテニスがでるように運営をしております。

大会におきましても、坂東市民ソフトテニス大会個人戦及び団体戦、坂東市民ミックスソフトテニス大会、坂東市近隣市町村ソフトテニス大会を開催し、中学生から高校生や大学生そして社会人まで、多くの方々が参加されており大変喜ばれております。両クラブともとてもアットホーム的なクラブであり、クラブ員同士におきましても、バーベキューや懇親会、旅行に合宿など多くの企画を開催して交流を深めております。クラブ員は随時募集しております。本当に初心者の方、昔、少しだけソフトテニスをしていた方、数十年ぶりにテニスを初めてみたい方、さらには県大会、関東大会、東日本大会などにもチャレンジしたい方などいらっしゃいましたら、ぜひともお気軽にご相談下さい。

 

テニス連盟の沿革

ソフトテニス連盟は、岩井市体育協会と同時期に立ち上げた組織で、平成22年度から、ソフトテニス連盟(軟式)とテニス連盟(硬式)に分かれて活動していきます。今までも又これからも連綿として運営していく団体です。。

 

坂東市ソフトテニス連盟 平成22年度事業計画(pdf 26.0KB)

  114:  少林寺拳法
少林寺拳法
ごあいさつ

坂東市体育協会 少林寺拳法部長 倉持 清栄

少林寺拳法拳法部長の倉持です。
 はじめに、少林寺拳法創始の目的と理念についてご紹介申し上げます。
少林寺拳法は、1947年(昭22年)、宗 道臣(1911〜1980)氏により創始されました。
今年(平成21年)で62年目を迎えることになります。
 開創の動機は、当時の敗戦による混乱から秩序はすたれ、不正と暴力がまかり通っていた日本の現状の中で民族愛を失いつつある青少年に対し、中国で学んだ拳技をもとに、自らの理論による独自の拳法をあみ出し「少林寺拳法」と命名した技法と思想により、1人でも多く「自信と勇気と行動力」を持った青少年を育てようとして始められました。
 私たち指導者もその意思を受け継ぎ、これを人づくりの手段として、「自己確立」と「自他共楽」の精神をもって人づくりによる国づくりの大道として日々精進しております。
 坂東市におきましても、部員一丸となって技術的な修行だけでなくボランティア活動も含めて多種多様な取り組みをもって青少年育成に携わっております。
 今後とも良きご理解とご協力をお願いしごあいさつといたします。

  115:  Ski・Snowboard倶楽部
Ski・Snowboard倶楽部
ごあいさつ

坂東市Ski・Snowboard倶楽部  会長 名越 宏
 私たちスキー・スノーボード倶楽部は、スキー・スノーボードの正しい普及、振興をはかりスキー・スノーボードを通じて、市民の体力向上と心身の健全な発達に寄与することを目的に発足しました。 
 スキー・スノーボードといえば、冬のスポーツなので活動時期は限られていますが、雪にふれることで、寒く冷たい場所でも、心は温かく!をモットーに指導しております。
 雪山にご家族で行かれる方々もいらっしゃると思いますが、私たちスキー・スノーボード倶楽部は、年1回、1泊のバスツアーを行っております。参加者は、小学4年生から大人までと幅広く参加していただいておりますが、感心することは「年上が年下の面倒をみる」ことです。幾つになっても大切なことだと思います。
 ツアーに参加していただく大勢の方もお待ちしておりますが、倶楽部スタッフとしても参加していただける方もお待ちしております。

  116:  陸上競技協会
岩井陸競

昭和54年4月22日、地元のランニング仲間が集まって岩井陸上競技協会として発足、各地のマラソン大会等に参加しています。平成17年3月市制施行合併に伴い、名称を岩井陸競に統一しました。

年間行事として
6月 つくばマラニック
8月 24時間リレーマラソン
10月 3時間共走大会
11月 将門マラソン大会協力
12月 三浜駅伝
 他、各地のマラソン大会に参加

みんなの健康と和を求めて活動しています。
各行事において皆さんの参加をお待ちしております。
また、当会への入会も随時受け付けております。
年会費は2000円です。
会員の方には会報をお届けします。

連絡先
  岩井陸競 倉持  TEL 0297-34-2148

  117:  卓 球 部

  118:  射 撃 部

  119:  ビーチボールバレー部

  120:  弓 道 部

  121:  ダンススポーツ連盟

坂東市体育協会

〒 306-0631茨城県坂東市岩井3086

TEL 0297-35-1711 FAX 0297-35-6336